スタッフの営業活動日誌

雷乃収声

公開日 2019年09月24日

雷乃収声

かみなりすなわちこえをおさむ

秋分の日を境に雷も潜めてくる頃のようですが…

こんにちは。

空気も澄んで秋晴れが広がってきました。

こんな空を眺めていると、

「女心と秋の空」ということわざが出てきます。

現代では女性の移り気な気持ちを表す言葉として使われていますが、

もともとは「男心と秋の空」だったとか。

江戸時代、既婚男性が他の女性に気持ちが移ろいやすいことを表現したそうです。

既婚女性が他の男性に気持ちを許すことは禁止されていても、

既婚男性にははさほど厳しくなかった江戸時代から

室町時代にかけての文化風潮を示すものだったそうです。

しかし大正時代を迎え女性の地位が認められるようになってくると、

恋愛に対してのルールや価値観も変わっていき、女性の感情の激しさを示した

女性版「女心と秋の空」が生まれました。

移り気でもいいので気持ちが変わった瞬間にスパっと契約決済決めて頂けると嬉しいですね。笑

 

駅には早くもハロウィンの飾りが。

大きなカボチャでフォトスポットになっております。

カボチャと言えば、最近「かぼッコリー」を初めて食しました。

見た目はカボチャと変わりないのですが、

生で食べられるのです!皮も種もです!

薄くスライスして塩昆布&ごま油と合えるだけで絶品です。

ハロウィン飾りでカボチャを見かけたらかぼッコリー思い出して探してみて下さい(*´ω`*)